TOP 会社案内 コンサルタント紹介 補助金M&A コラム リンク お問い合わせ

電子申請について
(2021年10月9日更新)藤原敬明

「電子申請はよくわからない」

 電子申請はよくわからないという方も多いと思います。既に税理士が電子申告を行っているという経営者の方も少なくありません。 また、コンサルタントが補助金申請するのに電子申請の法人共通認証基盤(GビズID)を取得するように言われた方もいらっしゃると思います。 補助金申請システムは「Jグラント」、その認証システムが「GビズID」で、この2者は混同しやすいです。
 最初に認証システムの「GビズID」の申請をしましょう。最寄りの法務局で法人の印鑑証明を取りに行きましょう。 印鑑証明のカードの他に代表者の生年月日が必要になります。なお、この生年月日は「GビズID」の申請でも必要になります。 準備ができたらパソコンで「GビズID」の申請をしましょう。 必要なものは法人番号(法務省の検索サイトでも調べることができます)、代表者の生年月日、ショートメールのできる携帯電話番号です。 「GビズID」を使用する時は携帯電話に一時パスワードが送信され、これを入力することで使えるようになります。 申請が終ったら申請書を印刷し、法人印を押し、印鑑証明書と一緒に郵送します。 登録が終れば「Jグラント」が使用可能になります。
 

法人登記変更や就業規則等の変更について
(2022年10月29日更新)藤原敬明

「法人登記変更や就業規則等の変更は自社でできる」
 法人登記変更は、例えば岡山県では窓口が岡山地方法務局1か所となっていて、どの法務局でも法人登記ができるわけではありません。
商業・法人登記の申請書様式
 書き方も丁寧に掲載されています。よくできたページです。
なお代表者が交代したときは印鑑届出書に個人の実印を押印し、印鑑証明と共に届け出ます。
 モデル就業規則は下記が参考になります。
モデル就業規則(厚生労働省)
就業規則について(東京労働局)
 下記様式集にある「就業規則(変更)届」「就業規則意見書」を各2部作成します。 これに新しい就業規則を2部添えて管轄の労働基準監督署に提出し、2部の内1部に受付印をもらって帰ります。 郵送の場合は返信用の封筒に切手を貼って入れておきます。
「就業規則意見書」は労働組合又は労働者の過半数を代表する者に説明し意見を聞きます。通常は「異議なし」と書かれることが多いです。 就業規則変更が効力を持つのは従業員への周知が終ってからになります。変更する前に周知しましょう。
様式集(東京労働局)
当コンサルタントグループには連携した司法書士も社会保険労務士もいますので、届け出の依頼があればお問い合わせ下さい。

全文へ
 


SDGsについて
(2021年10月10日更新)藤原敬明

「SDGsは必要なの」

 SDGsはかつて行われていた社会貢献活動やメセナ(文化貢献活動)と混同しいる経営者の方が少なくないように思われます。これらは本業との結び付きが弱く、社会に対する償いの面がありました。
 しかし、SDGsの取り組みは本業を通じての社会貢献の面が強く、企業理念のミッションと社会課題の解決の両立を目標としています。サステナビリティを重視しており、本業の強化に結び付けることが可能になっています。
 また、SDGsは国連が定めた2030年までの目標であり、もうすぐ終わりになると考える方もいらっしゃると思います。カーボンニュートラルは2050年が目標になっており、SDGsの後の目標もサステナビリティになるものと推測されます。
全文へ
 

アイデア発想法について
(2005年10月14日更新)今井岸夫

「アイデア発想はむずかしい」

 たしかにそうかも知れません。私たちは、生まれてから幼児、学生、社会人と年齢を重ねてきたわけですが、この間「先生」からできあがった知識をたくさん教わってはきましたが、考えたりアイデアを発想することについては教えてもらわなかったような気がします。
 過去のいわゆる「キャッチアップ」の時代では、多くの知識を身につけることで十分通用したのですが、数年前からはなにか勝手が違ってきたように思われます。
全文へ
 
タイランド旅行記
(2005年8月17日更新)佐々木秀孝
 数回タイランドへ旅行をしていますが、今回は主に商業関連に意識を持って視察をしました。思いつくままにレポートします。
 タイの商業施設の特徴の一つは、「ワールドトレードセンター」や「エンポリウム」に代表される大規模商業施設です。日本ではあまりない規模の商業施設が数多く存在します。
 ワールドトレードセンターは、大規模のショッピングモールで伊勢丹や免税店などがテナントとして出店しています。
全文へ
 
ノルウェー
(2005年6月6日更新)   K.M.
 20年ぶりのノルウェーだった。昔、仕事(造船)で一度ノルウェーに行ったことがあったが、今回は全くのプライベートで25年来の友人を訪ねた。
 前の「らしんばん(当社発行の情報誌)」に載せた韓国に訪ねた友人の自宅を訪ねたのだ。彼は現在新造船の監督機関長として乗船している。彼は私の訪問にあわせて休暇を取り、私が滞在した1週間の間奥様と共に在宅してくれ、毎日車で色々な所に連れて行ってくれた。彼は親戚や友人を招いてホームパーティを開催してくれた。
全文へ

(C) 2021 CCG All rights reserved